ハワイアンキルトキット専門店 / ハワイアンキルトバックのキルト・ラナイ 






■ キッズリュック

キットショップの中で一番複雑なお仕立てのキッズリュック。分かりやすいように写真でご紹介します。たくさんの作業ですが、本格的なしっかりとしたリュックに仕上がります。是非挑戦してくださいね!


1.出来上がり線に沿って余分な生地をカットしましょう






バッグ本体を中表で半分に折り、ぬいしろ1pで後ろ中心を縫います。


2.底を付けましょう。
予めバッグ下側の後ろ中心から各7pのところに仕立て済み肩ひもを仮止めしておきます。 


底の前後中心、脇の4箇所に印を付けます。(まち針のところに鉛筆で印をつけましょう。)


本体の前後中心、脇と合わせてから、まち針を打っていきます。カーブは多めに打つとずれません。底の方が少し小さめになるようカットしているので、本体にタックをとって調節してくださいね。


表に返すとこんな感じです。



3.フタを仕上げましょう。
キルト済みフタとプリント地を外表に重ねて、カーブのところだけ表からパイピング生地を 縫い付けます。パイピングを裏にひっくり返してまつり付けます。 














4.フタを本体に付けましょう。
写真を参考にで完成したフタの中心とバッグ本体の中心を合わせて上から3pのところに置き、仕立て済みループも一緒に仮止めします。ミシンで縫い付けておきます。  


その上に、写真を参考に肩ひもを縫い付けましょう。(肩ひもは長めにしておくと付けやすいですよ。) 






5.当て布を付けましょう。
当て布(4×25.5pの土台布と同じカラーの生地)をアイロンで周り1p折ります。


写真を参考に、で縫い付けた布端を隠すように縫い付けます。 手縫いの場合はまつり付けてもいいでしょう。





6.中綴じしましょう。
本体の底と仕立て済み袋布の底を合わせて中綴じしておきます。バッグ使用時、袋布が浮いてこないように。 





7.巾着部分を仕上げましょう。
本体の中に袋布をなじませて、しつけ糸で粗く縫いとめます。巾着の口布(7×40pー2枚 モチーフと同じカラーの生地)を、本体口部分のちょうど半分の長さになるように縫い代をアイロンで三つ折りしミシンでステッチを入れます。 


パイピングの残り布で3p角を2枚作ります。


パイピングを付ける時と同じ要領で、脇にひもの出口がくるように口布を表側からまち針でとめて、3p角の布を脇2ヶ所に付けて一緒に縫います。 





3p角の布だけ先に折り返し、袋布に縫い付けておきます。


口布をアイロンで1p折り、袋布にまつり付けます。口布の巾は、表から見て2.5pくらいです。





これで、ひもの出口からキルトの縫い端が見えずきれいに仕上がります。




8.マジックテープを付けましょう。
フタと本体(口布を除いた上から約8pのところ)に、マジックテープをまつり付けます。
  



ひもを通して完成!!
.